News@NANYANG DESIGN
<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
"Wishing Knots" @Transnational Dialogues [future]
Wishing Knots was featured on Transnational Dialogues Journal 2014.

http://www.transnationaldialogues.eu/transnational-dialogues-journal-2014/#more-723

"Wishing Knots"がTransnational Dialoguesに転載されました。

 

こちらのジャーナル名、横文字を訳すと ”国境を越えた対話・会話” 
となるのですが、扱っている題材がとても興味深かったです。


ジャーナルのPDFはこちら(フリーペーパーです) >
ご興味ある方は、是非読んでみてください。
英語か中国語となります。

このジャーナル、そもそもはEuropean Alternativesという
組織団体から発信されているアートや文化を扱う情報誌です。

こちらの人々、”国境を越えた民主主義を推薦する組織” として
”change eutopia” をスローガンとし
EU内で単一国境を越えた事業所を設け、
異なる国の法人で運営しているそうです。

一瞬  ” ???? ” ですが・・
こういう事業体は欧州連合から20年になるヨーロッパではよくあるそうです。

EUができ、
それぞれの国境を越えて働くことができ、
共通紙幣€を使う社会システムでは、
このような形態が必然的に望まれ、
スポンサーになる市民団体や個人、
ボランティアも多数の国からのサポート。


スカイプしたロンドンの記者は上海とロンドンに住む女性で、
キュレーター・アートコンサルタント・ライター
・PHDリサーチャーと
その他肩書き満載な方で少数気鋭な感じでした。


やはり民主主義の生まれたヨーロッパならではの基本理念ではあるけど、
アジアでもいつかAsian Alternativesなんてできるんでしょうか。 
それともEUからの分散型になるのでしょうか。
ブラジルにも事業部あるそうです。

---

"Nanyang"も 英語で 
”YamYam" (ヤムヤム→美味しいの赤ちゃん言葉)みたいな響きみたいで
おいしそ〜!と英語圏の方に悪気なく言われるのですが、
いちお中国語の英語書きなんですよ〜。

Transnationalな活動の促進、
そんな非営利団体、是非今後も活動を広げて頂きたいです。